舞鶴公園― 平和台陸上競技場、テニスコート、野球場、球技場、鴻臚館跡展示館 ―

  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

公園・施設の特色

舞鶴公園について

園内には、陸上競技場などのスポーツ施設が整備され、園内随所にウメ、サクラ、ボタン、シャクヤク、ツツジ、ショウブ、ハス、スイレンなど、四季折々の花が咲きます。福岡城天守台からは 市内が一望できます。
 また、鴻臚館跡展示館では大和朝廷時代の迎賓館であった鴻臚館の遺物出土品を展示しています。
 隣接して大濠公園や福岡市美術館があり、歴史と文化とスポーツと憩いの公園として多くの方々に利用されております。

ページの先頭に戻る

公園内にはたくさんの桜が植えられており、お花見の名所になっています。ソメイヨシノが主ですが、他にもしだれ桜、里桜などいろいろな桜が楽しめます。
特に、お濠や石垣をバックにした桜は、舞鶴公園ならではの風景です。

ページの先頭に戻る

紅葉

公園内には、大きな木がたくさんあります。イチョウやサクラ、トウカエデなど紅葉する木も多く、晩秋には紅葉が楽しめます。

ページの先頭に戻る

歴史

さらに、舞鶴公園のシンボルと言えば「福岡城跡」。関ヶ原の合戦での論功行賞により、筑前52万石の大名になった黒田長政が慶長6年(1601)から7年がかりで築城した城です。慶長5年、黒田長政が筑前国主として入城した名島城は三方を海に囲まれ、後背地も狭く、これからの大国経営の拠点としては不向きでした。そこで新しい城と城下町の建設場所として選ばれたのが、博多の西隣、福崎(旧那珂郡警固村)でした。この地には、古代太宰府の鴻臚館がおかれ、対外交渉の中心地でしたが、当時は荒地に近い寒村であったため、大規模開発が可能でした。城の特徴は平城で、天守台、本丸、二の丸、三の丸と櫓47棟を構え、各地の城のなかでも特に雄大な規模でした。総面積24万坪(約80万㎡)、内堀の周囲約4700mに及ぶ石の城で、世に「石城」と称され、そのモデルは朝鮮の普州城であるといわれています。
 「福岡」という地名の由来は、黒田氏の出身が備前国邑久郡福岡であったことから、地名を福岡とあらため、福岡城としました。また、博多湾からの景観から「舞鶴城」とも呼ばれました。
 明治以降、陸軍の連隊の駐屯などにともなって、城郭建物のほとんどが失われ、城跡に現存するのは、潮見櫓、多門櫓、石垣、内濠などです。なお、昭和32年、国の史跡に指定されています。

ページの先頭に戻る

スポーツ

平和台陸上競技場は、昭和23年第3回国民体育大会を機に整備された、歴史ある競技場です。毎年12月に行われる福岡国際マラソンでは、世界からトップクラスの選手が参加します。

ページの先頭に戻る

芝生広場(西広場)

大濠公園に近い西広場は広い芝生広場になっています。休日にはたくさんの親子連れなどでにぎわい、体を動かしたりのんびりしたり、それぞれの時間を過ごしています。

ページの先頭に戻る

牡丹芍薬園

赤、ピンク、黄色、白など、いろとりどりの牡丹と芍薬が植えられ、来園者の目を楽しませています。開花期には花見台が設置され、少し高い目線から花を楽しみ事もできます。開花期は、4月から5月。毎年HPに開花状況を載せています。

ページの先頭に戻る

ショウブ園

紫、白色の菖蒲が植えられています。バス通りからも見えますが、中に入るとまた違った雰囲気を味わうことができます。開花期は、5月から6月。毎年HPに開花状況を載せています。

ページの先頭に戻る

梅園

白、ピンク、赤、たくさんの梅が植えられています。開花期には、梅園全体にほのかな梅の花の香りが漂います。本丸跡にのぼって梅園を眼下に見渡すこともでき、梅の花をいつもとはまた違った視点から楽しむことができます。

ページの先頭に戻る

このページを印刷する